かぼちゃに味がない

暑い・・・

梅雨が明けたね。

ジメジメも嫌だったけど、ジリジリの暑さもイ・ヤ

 

世間サマは3連休だけど、

ダンナサンはフル稼働中ですので、暑いし、ひきこもってます。

でも明日はマック食べに行こうかな~。

鶴瓶さんのハンバーガー食べたいんだよね。

最近ダンナサンが遊んでくれないので、ひとり遊び実施中なんです。

もっぱらイオンをフラフラとか、座って立ち読みできる(?)本屋さんで

雑誌読みまくりツアーとか。ひとりマックももう得意。

 

 

・・・

・・・

さみしい??

 

 

  

話は変わって先日、

甘くない、というか、味のしない残念なカボチャを買ってしまった。

かぼちゃのお味噌汁好きなんで、作ったら、味がない。

味がないって、驚きよね。ここまで無味か!?ってぐらい、

ここまでまずいなんて、珍しいよね。悲しいね。

・・・・・・ので、

しかたなく、めんどくさいけど、かぼちゃサラダにした。

Cimg4973

 ベビー:「サラダとは考えましたねえ」

 メインはひさしぶりの

 はまちさま

 サラダにしちゃうといろいろ混ざるから

 誤魔化せるよね。おいしくなった。

 

残りはコンソメで煮てつぶして、カレースープにしました。

甘くなくて残念だったけど、なんとか再生できた。

やれやれ・・・

かぼちゃが甘いか甘くないかなんて見分けつかないですよ。

主婦、まだまだだな。

| | コメント (0)

赤い豆ご飯

Cimg4955

 げっと:「変な色だね。

       古くなってるの?」

 違うよ。

 クレオパトラって言う名前の豆らしいよ。

 もらったんだよ。

 

これで豆ご飯を作ると、翌日赤く染まって赤飯みたいに見えるらしいよ。

豆ご飯、好き~。

さっそく作ってみましょう。

Cimg4957

 むいてみたけど、

 普通に緑色だ。

 この量に、

 お米3号、塩小さじ1、酒大さじ1

 で炊きました。

べつ茹でして豆のしわを作らないようにとか聞くけど、面倒だし、

色の変化が見たいので、一緒に入れて炊いちゃいます。

 

Cimg4958

 はい、炊きあがり。

 1日目~。

 一緒入れなので黄ばみ、しわ豆

 だけど、味は普通の豆ご飯。

 おいしい。

おかずはさやえんどうとなすの炒め物。

さやえんどう?スナップえんどう??さやいんげん???

違いがよくわかんないんだけど・・・、おいしいよね。

あんまり火を通さず、パリパリするぐらいが好き。

春の味って感じだね。豆ご飯もね。すきすき。

 

そしてそして、

  

Cimg4961 じゃあ~ん、2日目。

 ほんとに赤いぞ!染まってるよ!

 げっと:「お赤飯?何のお祝い?」

 違うんだよ。昨日の豆ご飯なんだよ。

 不思議~。。。

味は昨日と一緒でした。

 

実は、クレオパトラ豆ご飯チャレンジ2回目なんです。

1回目は染まらず失敗しました。(いや、おいしく食べたんだけどね)

なんでかな~と考えたら、

うちはいつも2日分炊いて、

1日目食べた後、2日目の分は保温を切ってタッパに分けてしまうんです。

保温の電気代がもったいないのと、味が悪くなりそうなので・・・。

だから、2回目は保温のまま一晩放置してみたら、見事に染まりました。

保温がポイントのようです。

 

この豆は頂き物で、スーパーでお目にかかったことはないけど、

お目にかかったら、お試しあれ。

| | コメント (0)

かぼすのその後

かぼすをたくさんたくさんもらったので

かぼす酒にしても余ったので、

残りをポン酢にしてみました。

かぼすのしぼり汁 : しょうゆ : 煮切ったみりんと酒(1:1)を

同じ割合で合わせます。1:1:1ね。

だし昆布を5センチぐらい入れて、冷蔵庫で2週間ほど寝かせて完成。

かぼすを絞ってしょうゆで割って食べるのもいいけど、

寝かせて作ると酸味のかどが取れてまろやかになって、おいしい☆

保存も利くし、こっちのほうが好きかも。

   

かぼす酒も漬けてから1ヶ月チョイ経ちました。

氷砂糖は溶けたので、3ヶ月以降が飲みごろと聞いているけど、

フライングして味見☆

おいし~い♪

さわやかな香りがついて、甘すぎず、おいしい。

もうこれ、飲んじゃお(*^^*)

一気に飲みきれるはずないから、ちょっとずつ飲んで、

熟成されていく様子も楽しもう。

 

実は取り出しちゃって、ジャムによしうと思いますっ!!

かぼすポン酢を作ったときに出た種と、

皮をみじん切りにしたやつを冷凍しておいたので、それを自然解凍。

皮のみじん切りは硬くて大変だったけど、頑張った。

皮は水にさらして3回ぐらい水を変えつつ、ひと晩置く。

皮を食べてみて、苦くなかったらOK。

苦みが平気だったら、ちょっとぐらい残っても、味になるはず。

 

皮の準備ができたら、かぼす酒から実を取り出します。

房から実を取り外して、種を取りのぞきます。

たくさん出てくる種は使う。これが重要☆

解凍した種と一緒に水でしばらく煮込むと、

水がなんと、トロトロしてきます。

これが「ペクチン」

ジャムのとろみに欠かせないものなのです。

粗めのザルで濾して種を取り除き、かぼすの実と皮と一緒にします。

水分が足りない気がしたので、お水もちょっと足したかな。

これを測って、半分の量の砂糖を使います。

かぼす酒を漬けるときに買った氷砂糖を使いました。

  

あとは、氷砂糖を溶かしながら、あくを取りながら、

じわじわ煮込んでとろみが良い感じになったら完成。

空き瓶を熱湯消毒して入れて、すぐ蓋をして冷まします。

(どうせすぐに食べるので、この辺あんまり気にしない)

 

091119_3 ヨーグルトに入れて食べてるけど、

 さわやかでおいしいです。

 乳製品と柑橘系の組み合わせって、

 ス・キ。

 

ダンナサンは、皮が嫌で食べません。(ママレード嫌い)

いいもん、自分で食べちゃうもんね。

 

とめこはかぼすの活用法を習得した! チャララーーーン☆

たくさんたくさんもらってももうへっちゃら。バッチコイ!!

てか、ください、かぼす!ウェルカム、かぼす!!

| | コメント (2)

かぼす酒、始めました。

かぼすをたくさんたくさんた~くさん戴きました。

鍋のときに絞ってお醤油と割ってポン酢にして食べるのがおいしいけど、

まだ冬本番じゃないからそんなにしょっちゅう鍋にもしないし、

冷凍しておくも全部冷凍できるほどウチの冷凍庫は広くない。

(つまり、それだけたくさんもらったということ)

どうしましょうかと考えまして・・・。 

 

091005_2

 かぼす酒にしてみました~☆

 果実酒、初挑戦。 

 なんだかカワイイね。

 カボス1kg、氷砂糖200g、

 ホワイトリカー1.8L

 

見た目が可愛くなるから皮ごと半分に切って入れようと思ったら、

皮は苦くなるので3個分のみ、1週間したら取り出すのだそう。

飲みごろは3ヶ月後以降なんだって。

楽しみだにゃあ。

 

かぼす酒にして、やっとこさ半分消費。

残りはどうしようかなあ。

| | コメント (0)

もらいもの日記

日曜日にサクサクっと実家に帰ってきました。

スカートの丈を直したかったので、ミシンを借りたり、

お米もらったり、

野菜もらったり、みかんもらったり、

安かったからって、買っておいてくれたサバをもらったり、

誰かからのおみやげのちくわをもらったり、

 

で、その翌日の我が家の夕ご飯。

090727_202201

 サバは梅煮に。

 (大葉も実家のプランターから

              頂戴した)

 ちくわにはキューリ(もらった)

 を入れて。

 いやあ、おいしくできた。

実は梅干しも、父方のばあばが漬けたやつ。昔ながらのすっぱしょっぱいやつ。

梅煮、ひさしぶりにやってみたけど、上手く出来たよ。ふっくら煮れた。

いつもの魚屋さんのサバだから、生で立派だしね。

(二枚おろしでまるっと1匹分105円だったらしい。おっちゃん、安すぎ)

夏はさっぱりするから梅煮、いいね。

 

ワタシが準備したのは、梅煮の里芋(しかも冷凍)のみ。

いやはや、実家って、イイモンですなあ。。。

| | コメント (0)

たまに頑張ると、こう。

さわらのパン粉焼きを作ってみました。

Cimg3852

 けっこう簡単なのね。

 さわらに下味つけて、

 パン粉かけてドライバジル振って、

 オリーブオイルを振りかけて、

オーブントースターで10分ぐらいで出来上がりん。

途中でシメジとえのきとタマネギを入れて、付け合わせも出来ちゃう。

サクサクパン粉とふんわりサワラが良い感じ。

パン粉にハーブをいっぱい混ぜると良いらしいんだけど、

ハーブの混ざった塩(ままんちが外国で買ってきた)で下味をつけておいたら、

なんかそれらしい味になって、よかったです。

 

ウキウキ作ったけど、

ダンナサンの帰りが遅く、ひとりごはんになってしまって残念だった。。。

たまに変わったことするとこれだもんなあ。。。

| | コメント (0)

ひなまつり的な

Cimg3859

 イヌ:「あかりをつけましょ

          ぼんぼこり~ん」

 お雛様はないけど、

 一応、ちらし寿司作ったよ。

 アボカドをわさび醤油で合えたのを

 乗せるとがお気に入り。

なばなも好きなので、おひたしで春っぽく。

おひたしはこぶ茶で合えるとまたおいしい。おすすめ。

あと、流し台の下で眠り続けていたマンゴーの缶詰を使って、

マンゴープリンも作ってみた。

ゼラチン多かったみたいで、だいぶしっかり固まったけど、味は良かった。

がっつり固まると、ボリュームも感じておなかいっぱい。

我ながら、がんばったほうだ。

 

Cimg3825

 

 お雛様、あったあった。

 ←ままんちが買った琉球ガラスの。

   

| | コメント (0)

豚ナンコツを、やっつけた

前々からスーパーで見かけていた「豚ナンコツ」

58円/100gという激安だけど、どうやって食べればいいかわからなくって、

ネットで調べてたら、ミナサン圧力鍋でちゃちゃっと角煮風にしてらっしゃる。

うちは圧力鍋がない。

でもミナサンの見テタラ、おいしそうで、やってみたい。

ナンコツが柔らかく食べられるんですって!(ナンコツ好き)

 

090212

 と、言うわけで、どーん。

 大根と豚ナンコツの味噌煮。

 久しぶりに、がんばった。

 ベビー:「いやあ、良いですねぇ

       焼酎もらえますか?」

 ・・・・・・いいですね。

でも白飯でもやってください。がっつり合いますから。

なんともコックリした尾張三河な味噌味じゃないですか。

090213

 白い丸いところがナンコツ。

 周りのお肉がホロホロになって、

 ナンコツが良い食感。

 おつまみみたいでおいしい。

ダンナサンも「ナンコツが柔らかい!」って、喜んで食べてくれました。

 

普通のお鍋でゆっくりやりました。

忘れないように、覚書します。

だいぶ前に「豚バラと大根の味噌煮」を作ったけど、それの応用です。

 

豚ナンコツ、1センチ幅ぐらいに切って、

こんがり焼き付けて、10分ぐらい茹でこぼす。

もう一度焼くとまだ脂が出てくるので、大根を入れて軽く脂をなじませる。

酒大3、みりん大2、砂糖大1.5(この辺適当)、

しょうが(チューブ3センチぐらい)、鷹の爪1本、

ひたひたの水、軽くほんだし、長ネギの青い部分があったので、それも

入れて、20分ぐらいコトコト煮る。

そのまま翌日まで放置。

翌朝、さらに15分ぐらい煮て、赤味噌大3ぐらい入れて、5分ほど煮る。

そのまま夜まで放置。

食べる前に温めたら、出来上がり。

大根の葉も付いてたので、刻んで軽く煮て盛り付けた。色合いヨシ。

 

ナンコツの下処理がめんどいし、

前日からやってるので時間がかかったけど、ほったらかしで出来ちゃうから、

簡単っちゃ、簡単かも。

前日から煮込まなくても、柔らかくなりそうかもだし。

味噌を入れる時にお醤油を入れてもおいしくなりそうだ。

あと、スペースあればゆで卵入れても絶対おいしい。

豚ナンコツも大根も安いし、おいしいし、コストパフォーマンスかなり良し。

| | コメント (0)

ハウトゥー八丁浜納豆

おひさしぶりです、どうも。

  

以前、

日本酒に合う♪ と喜んで買ってきた、八丁浜納豆

ウキウキ食べてたのも、つかの間。

日本酒が終わってしまって、忘れられて、

いつの間にやら、賞味期限切れになってた(^^;)

 

もったいないな、どうしようかな。。。

と思ってしばらく冷蔵庫で放置してたんだけど、

ふと、トウチと似てることを思い出して、

クックパッドでトウチ炒めのレシピをピックアップして、

浜納豆で作ってみました。

ナスとひき肉の浜納豆炒めです↓

081006

 ベビー:「なんか・・・、

       独特の香りがしますね」

 浜納豆が香ばしいような、

 発酵品なので独特の香りが

 立ち上がりますが、

   

ワタシはこれが食欲をそそるような感じがしてスキかも。

味は、濃厚な赤味噌あじ(もとは赤味噌だモノね)

豆板醤を入れたので、なんちゃってマーボーナスな感じ。

なかなかよろしいです。おいしいです。

発酵食品だし、火を通すから、期限切れでも大丈夫っぽい。

次の日おなか痛くならなかったし。

| | コメント (0)

ソーメンみたいな瓜だから

大玉ころがし! ヨーイ、ドンッ!!

080823

 コアラ:「負けないぞー!」

            ゴロゴロゴロ・・・

 ベビー:「ってか、

       冬瓜の産毛が立って、

        イタタ・・・

        ずるいですよ~!」

 イヌ・げっと:「がんばれーがんばれー」

 

さて、コアラが転がしてる黄色いのはナンでしょう?

黄色くて、産毛もなくツルツルしてます。

 

正解は、ソーメン瓜です。

ソーメンカボチャ、糸瓜とかも呼ばれるそうです。

島根のおばあちゃんからもらってきました。

ウチの辺りでは見かけないですので、ワタシにとっては島根の味。

どうやって食べるのかと言うと、

0808232

 茹でなきゃいけないので、

 鍋に入る大きさに切ります。

 硬くて大変。・・・なに?コアラ。

 コアラ:「これ、コアラが切った。

            大変だった。」

 ・・・・・・そう、ありがとね。

切っていただいたら種とワタを取って、10分ぐらい茹でます。

0808233

 茹でたら水にさらして、

 やけどをしないように中を

 ほぐしていくと、

 コレこの通り、糸状になってます。

 コチラ、切って茹でただけですよ。

茹でただけでこうなっちゃうから、フシギフシギ。

ソーメンみたいになるから、ソーメン瓜。そのまんま。

0808234

 食感は、パリパリとした、

 大根のツマみたいな感じで、

 醤油やドレッシングでサラダ感覚、

 または酢の物などにもするようです。

  

ちなみに今日のメインはポークソテーのトマトソースかけ。

トマトはもちろんばあちゃんのですb

さっぱりソースで豚肉の甘みが引き出されてウマー★天才?(自画自賛)

 

ですからつまり、ソーマン瓜は茹でると、

0808236_4 

  コレ(身)と、

  

  

  

       0808235

   

 コレ(皮)になるわけです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧