« 山梨で、桃を食らう | トップページ | 懐妊した・・・・・・!! »

安眠を妨害するダンナサンの話

最近、話題にしませんが、

ダンナサンの寝言・寝ボケは相変わらず凄まじいです。健在です。

以前の寝言・寝ボケは

こんなのとか、

あんなのとか、

こんな酷いのとか、

もう、イロイロ。。。

 

で、最近もやらかしてますので、2本同時上映でお伝えしましょう。

 

その①

就寝中、気づいたら、となりにダンナサンがいない。

電気全消しの中、ベットの隣の鏡台の前に、気配あり。

ぼんやりと・・・そこにいるのは確か。もう、怖いって。

何してるんだろう・・・ごそごそ動いている。

しかたない、声をかけるか。

とめ:「どうしたの?」

反応なし。ゴソゴソ・・・

とめ:「電気つけてもいいよ?」

したら、ダンナサンが電気を付けた。

・・・ま、まくら?枕を持ってるよ??

しかもきちんと水平に保って、大事そうに。

とめ:「なにやってるの?」

ダンナサン:「・・・・・・あ、ああ、○×$#%&」

また、理解不能の言語を発して、

ダ:「やっちゃった・・・忘れて」

そそくさとベットに戻り、ワタシより早く就寝。

また起こされたやりきれない気持ちで朝を迎えて、さっそく尋問。

夢で、流れおちそうな半熟卵のたくさん乗ったお好み焼きを運んでいたらしい。

そのお好み焼きが、まくら(夢の中ではお皿)に乗っていたので、

その卵が流れないようにまくら(夢の中ではお皿)を水平にして、

こぼれないようにソロリソロリと歩いていたらしい。

で、暗くてよく見えないのだけど、電気をつけるとワタシが起きちゃうと思って、

鏡台の小さい電気をつけようとしていたらしい。

なるほどなるほど。なっとく・・・・・・・・・できるかぁ!!

 

 

その②

こちらはダイレクトに、ちからワザ。

これまた突然に、枕を持ちあげられた。めくられたという感じで。

無理に頭を傾けられて起こされる。

もう、驚きませんよワタシャ・・・

またやられたという怒りで、めくっている手をグイと掴んで、

とめ:「やーめーて!!」

と押しのける。

ダンナサン:「○×$#%&・・・・・・」

そしてまたすぐに寝息が・・・・・・・・・恨めしい。

翌朝、さっそく尋問したけど、こちらは明確な理由は分からず。

でも、ワタシに手をのけられたのはかろうじて覚えていたらしいけど、

ダ:「多分、まくらの下になにか見つけたんだろうね」←ヒトゴト

 

暑くて寝付けないうえに、よく起こされるので、寝不足です。

・・・・・・昼寝してますけど。

|

« 山梨で、桃を食らう | トップページ | 懐妊した・・・・・・!! »

ダンナサン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山梨で、桃を食らう | トップページ | 懐妊した・・・・・・!! »