« 修学旅行気分~奈良編~ | トップページ | かぎ針編み子再び »

嘘つきな鬼

あ、どおもダンナです。

唐突ですが、オレ、

現場監督してます。

5月から外科クリニック作り始めました。

新しいの作ったら、古いの壊します。

先に自転車置き場は撤去しました。

それを踏まえて今回のお話です。

先週、後輩と建物の位置出しの作業をしていた時のことです。

現場の目の前には小学校があって

昼間は用心の為に門が閉じてるんですが、

ちょうど下校時間だったらしく

小学生達が門が開くのを今か今かと待っていました。

そんな子達のひとりが門越しにオレに声を掛けてきました。

「ねえっ!ねえっ!」

「ん?」

「何してるの?!」

元気いっぱいだな。

「建物の位置を出してるんだよ。」

「何ができるの?!」

「お医者さんだよ。」

「へぇ~、そうなんだぁ!」

うなずくのも元気だな。

こっちも元気にいくか。

「新しく建て直すんだよ!」

「じゃあ古いのどうなるの?!」

「飛んでくんだよ!」

「ええーっ!!」

両手でジェスチャーまじりに

「こおやって、ゴゴゴゴゴォォォォって!」

「ウソだぁっ!」

「ホントだぁっ!」

お、嘘ってわかるのか。

「ホントだぞ!ゆっくりだけどな!」

そしたらその子が自転車置き場がなくなってることに気付いた。

「あれっ?!自転車置き場がなくなってるぅ!」

「先に飛んでったんだよ!」

「ウソだねぇ!絶対ウソだぁ!」

「ホントだねぇ!」

そんな会話をしてたら女の先生が門を開けにきた。

仕事の手をとめてるのを見てその子をひっぱりながら

「こらっ、お仕事のジャマしちゃだめでしょお。どおもすみません。」

「いえいえそんなことないですよ。」

「だってあの人が古い建物が飛んでくっていうんだもん!!」

オレは冷静に

「飛んでいくわけないよ。大きな機械で壊すんだよ。」

「あぁーっ!えぇーっ!」

その子は先生に引っ張られていってしまった。

さてと、仕事を続けるか。

そんなやりとりを見ていた後輩が笑いながら一言

「鬼ですね。」

|

« 修学旅行気分~奈良編~ | トップページ | かぎ針編み子再び »

ダンナサン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 修学旅行気分~奈良編~ | トップページ | かぎ針編み子再び »